お得に旅行できる格安航空券の買い方

- 格安航空会社(LCC)について

格安航空会社(LCC)について

日本では航空会社というと、JALやANAを利用する人も多いでしょう。
よく見知った航空会社なので、安心感がある、サービスが良さそうというイメージもあるのかもしれません。
また国内線を利用する場合は、北海道や沖縄を除けば、JALやANAの早割の方が、格安航空会社(LCC)の格安航空券よりも安いという事情もあります。
しかしせっかく格安航空会社(LCC)がここ10年ほどで急速に路線を拡大しているのですから、安く航空券を購入するためには利用しない手はありませんよね。


特徴について

LCCとは「Low Cost Carrier」の略語で、サービスの簡素化、運航の効率化、徹底したコスト削減により、低価格の航空券を販売している航空会社の事で、日本ではジェットスターやピーチなどの航空会社を知っているという人が多いでしょう。
国内線ではまだまだ大手航空会社が主流ですが、海外旅行の際には、ヨーロッパなら「ライアンエアー」アジアなら「エアーアジア」オセアニアなら「ジェットスター航空」などそれぞれ強みがある航空会社が存在するため、上手に活用する事で、旅行の運賃を大幅に削減する事ができるでしょう。
基本的に地域内に特化した航空会社が存在する理由は、大手航空会社のように長距離路線はあまり運行せず、短距離や中距離の路線を得意としているためです。

これは、コスト削減の効果が長距離路線になると半減してしまうからでしょう。
また長距離路線になると利用者側も、座席はゆっくりスペースが広く寛げる方がいい、機内食は必要、飛行時間が長くなるため、映画などを鑑賞したい・・・・というふうに、サービスを期待する声が高まる事も関係していると考えられます。
短時間の飛行であれば、サービスは簡素化されても我慢できる、それよりも航空券が安い方がいいと多くの人は考えるのです。
人によっては、どうしてもこのサービスだけは我慢ができない、そんな時は有料でオプションサービスをつければいいのです。
オプション料金と航空券の料金を合わせて、大手航空会社の航空券より安ければお得だと言えますよね。
どちらが、優れていると優劣をつける必要はありません。
それぞれ大手航空会社と新興航空会社で、役割分担があり、状況によって使い分ける事ポイントだと言えるでしょう。

航空券の購入方法

基本的には比較サイトで料金比較をし、1番安いと思われる航空会社のサイトで購入する方法が一般的です。
コールセンターや支店で購入する事も可能ですが、その場合だとサイトで購入するよりも割高になってしまいますし、追加料金がかかるケースもあるので注意しましょう。

また航空券の価格は、申込み時期によって大きく変動します。
28日前に購入すると、早割価格となり、料金がお得になるために、少しでも早く購入した方が得と思っている人も多いでしょう。
確かにそれは一理あります。ですが、航空券は空席が多いと、直前で大幅値下げをする事も少なくありません。
28日以降に購入する事になり、旅行シーズンではない時期に航空券を購入する場合は、実は空席狙いの直前買いの方が安い価格で航空券が購入できる可能性もありますが、ただし、確実に購入できる保証はないので、リスクが大きいかもしれません。

また航空券は需要と供給によって、価格が変動するため人気路線や人気のある時間帯は価格が高い傾向があります。
逆に人気がある便であれば、大手航空会社の方が安く購入できる事も覚えておきましょう。
どちらが安いと考えを固定せずに、臨機応変に利用する事が安く航空券を購入するコツです。

料金プランについて

また格安航空会社(LCC)の場合は、提供サービスの内容に応じて料金プランが用意されています。
大手航空会社であれば、あって当たり前のサービスであっても、サービスに含まれない場合があります。
例えば、機内食やブランケットが無かったり、座席指定が無い場合もあります。

座席に関しては、非常口前などのいい席や、事前の座席指定は有料になります。
機内持ち込み手荷物条件が厳しく、サイズや重量がオーバーしていると追加料金が発生するので注意して下さい。
そして変更する事はできず、キャンセル料に関しては、100%返金される事はないと思っておきましょう。
せっかく安い航空券が購入できても、追加料金を支払う事で、高くつけば意味がありません。
サービス内容やオプション等の追加料金については事前に確認をしておくといいでしょう。

Copyright(C)2016 お得に旅行できる格安航空券の買い方 All Rights Reserved.